せどりの研磨機でお勧めなのはSIMO-R1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

せどりの研磨機といえば、誰もが知っているSIMO-R1がお勧めです。

個人でCD、DVDのせどりをするのであればこの機械で十分です。

そして追加で買うものは白のパットと青のパット、修復液だけで十分です。


研磨機はSIMO-R1で問題ないです。

他の研磨機は使ったことがないので比較はできないですが、壊れないので買い換えることはないと思います。

 

 

最初のセットには、本体以外にディスクを研磨して修復する用のキットが入っています。

・赤の研磨剤

・黄色の研磨剤

・修復液

・クリーニング液

・黄色のパット

・白のパット

・青のパット

 

この中で、黄色と赤の研磨剤、黄色のパットはいらないと思います。

なくても大丈夫です。

これらを使わないといけないくらい深い傷は、あきらめたほうがいいです。

ヤフオクで傷ありで売ってしまいましょう。

なぜなら、研磨機使っても綺麗になるまでかなり時間がかかるからです。

そして研磨跡がわかる程度には残ります。

もしこの研磨跡すら消したければさらに時間をかけて白の修復液と青のクリーニング液を繰り返すことになります。

割に合わないので私は深い傷を修復するのはやめました。

 

薄い傷は白と青で十分です。

 

いつも

・修復液

・白のパット

・青のクリーニング用パット

だけをこの店から買っています。

(機械を買うと、直接注文できるメールアドレスを教えてもらえるので、そこへ注文をしています)

 

クリーニング液はコストパフォーマンスを考えて今は手作りです。

作り方はこちらのページをご覧ください。

CD、DVDに使う手作りのクリーニング液

 

研磨機を使う際の私が感じているポイントを紹介します。

・白の修復液は、白さがなくなり、少し透明感が出るまで機械を回す。

(液が多すぎたら3回くらいは回す)

・クリーニング液でのクリーニングの後は、特に綺麗な布(高い布)で拭く。

 

最後にディスクの盤面を拭く布は、高いメガネふきがオススメです。

安いものだと逆に傷がついてしまい、せっかく傷を綺麗にしたのに台無しになってしまいます。

 

せどりブログランキングに登録しています⇩

せどり ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. かみ より:

    初めまして、SIMOR1について検索していたらたどりつきました。
    せどり用で上記購入検討していますが、どうやら公式ショップが2016年をもって閉鎖されてしまったようなんです。

    本体を仕入れる事はまだできますが、購入したとして消耗品のパッドは今後どう調達するかと考えると躊躇してしまいます(恐らくこちらの追加購入も公式ですよね?)

    SIMOR1以外で評価高い研磨機が中々ないんですが、やっぱり他のディスク研磨機を購入するべきですかね。。。

コメントを残す

*

CAPTCHA