せどり 仕入れ場所と売る場所の組み合わせはいろいろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最強の転売ビジネス」を見ていて、実は知ってみれば単純だけど、案外やっていない人が多いことに気づきました。

それは、仕入れる場所と売る場所の組み合わせについてです。

図にしてみると説明が楽だと思い、簡単な図を用意してみました。

%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e5%85%88-001

Amazonで買って、Amazonで売ってもいいし、

ヤフオクで買って、Amazonで売ってもいい

ヤフオクで買って、メルカリで売ってもいいのです。

組み合わせを変えるだけで商品の利益が倍以上変わる場合もあります。

もちろん赤字になってしまう場合もあるのです。

これをマスターするだけで、月10万円は稼げると感じています。

 

もちろんこれ以外に、仕入れ先としては、

●楽天市場などのモール

●ヨドバシカメラやビックカメラなどの通販サイト

など、インターネット上だけでもたくさんあります。

 

実店舗では、

●リサイクルショップ

●ドン・キホーテ

●ヨーカドーやイオン

●電気店

●雑貨店(ヴィレッジバンガード、キディランドなど)

●文房具店

●手芸店

●コンビニ

などもおすすめです。

 

国内転売の良いところは、

日本語で取引

出かけたついでにできる(店舗仕入れ)

ということです。

品質も日本品質である場合が多いので、リスクが低いです。

 

以前、手芸店のTOKAIで、カレンダーを仕入れたことがあります。

見切り品で300円仕入れ→Amazonで2,500円販売しました。

 

今の季節だとカレンダーは見切り品が出てきます。

7月くらいまではカレンダーは地味に売れるのです。

ランキングを調べて、人気がありそうなら仕入れるのも良いと思います。

 

意外と人気があるカレンダーは有名な犬とか猫のカレンダーです。

「犬のしろ君カレンダー2016」(適当な名前)みたいな名前のものであれば、有名な動物である可能性があります。

 

家族や友達の買い物に付き合うついでに、少し店内を検索してみるのも良いと思います。

 

せどりブログランキングに登録しています⇩

せどり ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA