せどりに便利な30Lのごみ袋 包装にお勧め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日は私がいつも常備しているゴミ袋について紹介をします。

実はこのゴミ袋ですが、ゴミを捨てるために使っているのではないのです。

商品の包装に使うゴミ袋です。

ゴミ袋を包装に使うと言うと、「え?ゴミ袋なんてお客さんに嫌がられるんじゃないの?」と驚かれるかもしれません。

私も基本的に商品の包装にはOPP袋を使っています。

しかし商品の大きさによっては、OPP袋に入りきらない場合があるのです。

 

例えば漫画の全巻セットや大きなクッション、食器などを売った場合です。

OPP袋には入れずにゴミ袋に入れて送るのです。

 

例えば、60サイズや80サイズの段ボールで商品を送る場合、そして定形外(3辺が90cmまで)の

ぎりぎりの大きさの商品を送る場合、一応ビニールに商品を入れます。

これは水濡れ防止のためです。

60サイズと80サイズのダンボールには30Lのごみ袋が丁度良いのでオススメです。

ゴミ袋を選ぶポイントはゴミ袋に見えないものを選ぶことです。

・ゴミ袋に「ゴミ袋」と印字していないもの

・黒ではなく透明のもの

にすれば、ただのビニール袋なので躊躇せずに使うことができます。

なるべく相手に「ゴミ袋で送ってきた」と思われないゴミ袋を選ぶのです。

 

 

そして80サイズを超える大きさの商品の場合は、30Lのごみ袋だと小さいので45Lのゴミ袋にしたほうがいいです。

家族で住んでいるような家庭であれば、45Lのごみ袋が家にあることが多いと思います。

家で使うゴミ袋と包装に使うゴミ袋を兼用にしても良いと思います。

 

ダンボールに入れるとしても、商品は一応ビニールで包んだほうがいいと思います。

しかし大きな商品は濡れないように包むのが大変です。

そこでまずゴミ袋に入れるのです。

小分けにスーパーの袋に入れる出品者いますが、スーパーの袋よりゴミ袋がおすすめです。

また、ゴミ袋に商品を入れておけば、段ボールの空いたスペースに新聞紙を詰めても汚れないのも嬉しいです。

大きな商品を扱う場合、漫画の全巻セットを売る場合は、30Lのゴミ袋を持っておくことをお勧めします。

せどりブログランキングに登録しています⇩

せどり ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA