せどりの仕入れ先 具体的に3パターンを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

せどりの仕入先を聞かれて困ることがあります。

正直に言ってしまえば、どこでも仕入れは可能です。

いつでも意識して目を光らせているかも大事だと思います。

実際にせどりでかなり稼いでいる方々は、いつでも思考は「せどり100%」と言う感じです。

どこでも仕入れらると言われても困ると思いますので、具体的に幾つか仕入れ場所を紹介します。

 

仕入れ先

1、無料で仕入れる場所

無料で仕入れられる場所があります。それは、自分の部屋、家族の部屋。つまり自分の家です。

次は兄弟の家、そして友達の家も良いです。友達がいない人は親戚の家でも良いです。

いらないものを貰ってくれば良いだけなので簡単です。

正直に言うと、仕入れ0円の商品が一番リスクがなくてオススメです。

特に捨てるとお金がかかる粗大ゴミなどは、引き取ってあげると喜ばれることもあります。

使えなくなったデジカメやCDコンポやレコード、ゲーム機や昔のおもちゃも売れるので積極的にもらいましょう。

イベントに行って、イベントに来た人だけに配られる非売品の商品をゲットするのも良いと思います。これは人気商品になるとかなり高値で売ることができます。

注意点としてはゴミ置場です。

ゴミ置場からゴミを持っていくのは窃盗になるので注意してください。

 

2、中古品を仕入れる方法

中古品の場合はリサイクルショップや中古ショップに行くのが一番早いです。。

フリーマーケットで仕入れるのは法律違反になるのでダメです。

ゲオやTSUTAYAなどのレンタルショップでも中古品が売っています。

レンタル落ちと言って、レンタルで使っていた商品も多いです。このレンタル落ち商品は10円などと、かなり安い値段で手に入ります。

しかしCDやDVDの場合、盤面がかなりボロボロになっています。研磨機を持っていない人にはお勧めできないですし、売る価格もかなり安くなります。

そしてレンタル専用商品は厳密に言えば、Amazonの販売用の商品ページで販売するのは違反になります。商品コードが異なるからです。

古物商の免許を持っているのであれば、免許を持っている人だけが入れる競りに行ってみるのも良いと思います。

 

3、新品を仕入れる場合

新品を仕入れる場合は、普通の店で値引きセールをしている時に買い、定価またはそれ以上の価格で売る方法があります。

ドンキホーテで買ってAmazonで売ったり、電気屋で値引きしている商品を買ってヤフオクで売るなどです。

他にも工場に買い付けに行って、ノーブランド商品として、またはオリジナルブランド商品として売ることもできます。

業者向けの卸しから仕入れるのも良いと思います。

またはイベントや限定ショップに行って、限定品を仕入れるのも良いです。

 

例えば3月くらいになるとカレンダーが文房具屋で安売りしていることがあります。カレンダーは前年の10月くらいから12月前に買う人が多いため、3月くらいになるとお店では安売りを始めるのです。

全体が70%オフくらいになっていたと思いますが、カレンダーを買って売ったこともあります。カレンダーは犬や猫の商品は、固定ファンが付いているようで、夏になっても売れることがあります。

手芸屋さんに行って商品を仕入れたこともあります。

仕入先がない!思っている人は、ドンキホーテへ行ったり近所の文房具屋さんに行ったりして、セール品を探してみるといいかもしれません。

コンビニだけで毎月数万円の利益を出している人もいます。

売れる商品は案外身近にも落ちているものです。

せどりブログランキングに登録しています⇩

せどり ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA