ヤフオク オークション途中での入札者制限解除

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオクでは入札者制限というものができます。

評価での制限が「総合評価での制限」「悪い評価の割合での制限」です。そして本人認証での制限もできます。これが「入札者認証制限」です。

この制限をつけていると、リスクが高い購入者からの入札に制限をつけられるのですが、たまに「入札制限を解除してください」という依頼が来ることがあります。

ヤフオクでの入札者制限は、以前はつけておいたほうがいいと言われていました。

入札者制限の種類

「総合評価での制限」は、新規または0以上の人しか入札できなくなります。

連絡が取れない、入金をしないなど、落札者都合で落札を削除された場合には落札者に対して、マイナスの評価がつきます。

問題なく取引を終了して評価をもらえた場合には、プラスの評価がつきます。

「総合評価の制限」に引っかかる方は、新規でヤフオクを始めてすぐにトラブルがあった方、もしくはきちんと取引を終えて良い評価をもらった回数以上に、トラブルが多かった方ということになります。

ヤフオクの取引ルールを読み、普通にヤフオクを始めた方であれば、まず「総合評価の制限」に引っかかることはありません。

 

次に「悪い評価の割合での制限」ですが、6人以上の評価を受けている場合に20%以上悪い評価があると入札できなくなる制限です。

これに引っかかる方は、定期的にトラブルを起こしている方ということです。

 

最後に「入札者認証制限」についてですが、これはモバイルでの本人確認が済んでいる方やYahooプレミアム会員の方など、複数ある認証手段のどれかで本人確認が取れている人しか入札できなくなる仕組みです。

新規でヤフオクで取引をしたい購入者がいた場合、「入札者認証制限」で引っかかることが多いです。

入札者制限のオークション途中での解除

3つの入札者制限にチェックを入れて商品を出品した場合、まれに質問欄から

「入札者制限がかかっていて入札ができません。解除してもらえませんか?」

という依頼が来ることがあります。

たいていの場合は「入札者認証制限」の購入者さんですが、まれに「悪い評価での制限」などに引っ掛かっているお客さんもいます。

その場合どうするかということですが、受け入れることをお勧めします。

わざわざ質問欄から購入の意思を示してきた方は、きちんと支払いをして取引完了することが多いです。

過去に何度かこの依頼を受けて、途中で制限解除を行いましたが、1件も問題はありませんでした。

始めてこの依頼を受けた時は、「大丈夫なのかな?」と心配していましたが、全く問題なかったです。

 

実はヤフオクでは入札者制限は、オークションの途中で解除することができません。

まず購入者さんに「オークション途中で制限を解除ができないので再出品する」ことを伝えます。その後オークションを取り消してから制限を解除して再出品をします。

ヤフオクの入札者制限は必要か?

ヤフオクの入札者制限は以前ヤフオクがすごく盛り上がっていた時は「制限した方がいい」と言われていました。

出品者側も強気で、トラブルの可能性があるお客さんは相手にしたくないと思っていたからです。

しかし今はメルカリなど、ヤフオクよりも手軽に取引できるサービスができ始めました。

ヤフオクへの参加ハードルが高くなったため、お客さんの質も上がったように感じます。

私は、最近ではヤフオクの入札者制限はしていません。

入札者制限をしなくなりましたが、特に問題は増えていません。

今のヤフオクには入札者制限は必要ないように感じています。

入札者制限をすることで販売チャンスを逃してしまう気がするからです。

ただ稀に入札後に連絡が取れなくなるお客さんがいます。

そのため、商品説明欄に「3日以内に連絡がない場合には、落札者都合で落札を取り消します」など、期限を設定した上で出品することがお勧めです。

24時間以内など厳しい出品者もいますが、取引連絡は3日以内くらい余裕を持った方が良いように感じています。

自分には厳しく、お客さんには多少ゆるめかな?と思うくらいが丁度良いと思います。

せどりブログランキングに登録しています⇩

せどり ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA