ミニレター62円の使い方 ヤフオクやメルカリの発送にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ミニレター」と呼ばれる発送方法をご存知ですか?

私は存在自体は知っていたものの、ほとんど使ったことがありませんでした。

ミニレターの特徴をまとめると

・25g以内であれば62円で送れる

(82円の定形郵便で送るよりも20円お得)

・事前に封筒を購入する必要がある(郵便局で売っています)

・追跡なし、ポスト投函可能

というものです。

少しでも送料を安く抑えたい方、チケットやトレーディングカードなど小物を送ることが多い方に、ミニレターはオススメです。

先日、ヤフオクで売れた商品に対して落札者から「ミニレターで送ってください」という依頼が来ました。

落札後に依頼が来たので、「面倒だな」とは思ったものの、対応することにしました。

ミニレターを使ってみたかったからです。

ミニレターは郵便局で購入することができます。(62円です。)

大きさは、定形郵便で使う長形3号の封筒よりも若干小さいくらいです。

まさにチケットなどを入れるのに最適な大きさの封筒です。


中に縦線が入っているので、ここに購入者さんへのメッセージを書き込み、商品を挟んで送ることができます。

25g以内なので、ダンボールでの補強などはできません。

日本の郵便局は手紙を折ったりしない、かなり優秀な発送をしてくれるのですが、万が一折れても困るようなものはミニレターは避けたほうが良いと思います。

端にある糊しろを糊でつければ、簡単に発送ができます。ただ、3方向を糊で貼り付けるので、少し手間はかかります。そして少しの器用さも必要な気がします。

メルカリやヤフオクなどで、300円で商品を売り、送料をできるだけ安くしたい!という場合にはミニレターを使ってみると良いかもしれません。

1日の発送商品数が10個を超えたら、プチプチ封筒にするのが良いです

自己発送をしている方の場合、1日の商品発送数が10個を超えたら、少しコストは高くついたとしても、プチプチ封筒などの専用封筒に商品を入れて送るだけ、という梱包オペレーションにすることをお勧めします。

もちろんチケットやトレーディングカードをよく送る方であれば、厚紙封筒でも良いです。私も厚紙封筒も持っていますが、厚紙封筒の方がプチプチ封筒よりもコストがかかるので、プチプチ封筒で商品を送ることの方が多いです。

この商品はミニレターで、あっちの商品はプチプチに包んでさらに封筒に入れて、これは大きな紙袋に入れて、こっちの商品はダンボールを探しに行って、という時間がもったいないです。

私も毎日10個発送して、手が腱鞘炎になりそうになったところでプチプチ封筒&厚紙封筒に変えました。

今はプチプチ封筒を2種類、厚紙封筒を1種類常備しています。(もちろん普通の茶封筒もあります。)

プチプチ封筒は、1個あたり20円〜30円程度のコストがかかり、厚紙封筒は1枚当たり30円〜40円程度コストがかかりますが、梱包の時間を大幅に短縮できます。コスト以上に時間の節約ができることが大きいです。すごく楽になります。

1日に10個の商品を出すのであれば、ヤマト運輸や郵便局と送料の交渉ができます。特約ゆうメールで1通80円程度で送れるようになれば、プチプチ封筒代などは出しても全く問題ないです。

梱包作業の時間って結構無駄になっていることが多いので、コンスタントに商品を売り上げている方は是非梱包作業の時間を見直すことをお勧めします。

その時間を商品ページ作りにあてたり、仕入れにあてたりする方が売り上げを伸ばすことができます。

そして1日にコンスタントに30個以上売れるようになったらパートさんを雇うことも検討しましょう。

パートさんについては、また別の記事で紹介したいと思います。

せどりブログランキングに登録しています⇩

せどり ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA