Amazonドラッグストアカテゴリーの新規出品者制限

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonは年々出品者審査が厳しくなります。この傾向は今後も続くと思われます。

まさに時間との戦いという感じなので、いま少しでも興味があることはどんどん始めた方がいいです。

まずは始めることが大事です。

私もそれで助かったことが最近1つあります。

それは「ドラッグストアカテゴリ」の出品申請です。

このドラッグストアカテゴリですが、法人しか新規出品はできなくなったそうです。

年々出品者規制が厳しくなっていることは、実際にAmazonで商売をしていて感じていましたし、周りの出品者からも聞いていました。

Amazonの中でもカテゴリー申請を通すのが難しいと言われているカテゴリーに「ビューティー」「ドラッグストア」などがあります。

このカテゴリーは5年前であれば誰でも商品を売れるくらい審査も緩かったのですが、徐々に審査が厳しくなってきました。

私がカテゴリー申請を通した時は、

・1年以内の仕入れ先からの請求書が必要

・この請求書もネットの卸し業者ではダメで、ネットで小売販売をしていないメーカーまたは卸し業者からの請求書でないとダメ

・請求書に記載されている商品の数量は30点以上

これらの条件が満たされないと審査が通らないという厳しいものでした。

今時ネットで小売をしていない業者を探すのってかなり難しいですよね。

さらにAmazonの規定に沿った形式の請求書を出してもらわないといけないため、その交渉も大変でした。

結局私は知り合いのメーカーが商品を卸してくれることになったので、請求書の入手ができたため、審査が通ったのですが、申請を上げた後に電話での質問形式による審査も入るので、許可が下りるまではハラハラドキドキでした。

以前こんな記事を書いているのですが、この記事はその影響でした。

Amazonの出品者規制の厳格化 資格がオススメ

さらに、最近知り合いから聞いた話によると、ついにドラッグストアカテゴリーは法人格でないと新規に出品申請しても審査に通過できなくなったというのです。

審査が急速に厳しくなっているように感じています。

Amazon販売の今後の戦略

今後、Amazonでの販売はさらに規制が強化される可能性があります。

もしかすると新規のマーケットプレイス出品者も法人でないとダメという日が来るかもしれません。

とにかく商売の幅を狭めないために今できることは

①カテゴリー申請など必要な申請や許可は速やかに取る

②必要でなくても取れそうなものは取っておく

③販売実績を地道に作っておく

この3つが大事だと感じます。

①はせどりであれば古物商の免許が1番大事です。

今は大口出品者で中古品を売る場合には古物商の番号登録は必須になりました。

それ以外にも商品を販売するのに必要な資格は「副業だからいいや」「売り上げが低いからまだいいや」と思わずに早めに取ることをお勧めします。

突然Amazonから免許番号を登録しないと出品を許可しませんよという通達が来る可能性も大いにあります。

②も同じです。

今はカテゴリー申請の中で申請基準が緩い「ファッション」や「アクセサリー」「バッグ」など、もし今後販売する可能性が0でないのであればカテゴリー申請を取っておくことがお勧めです。

規制が厳しくなってから申請を通すのは本当に大変だからです。

そしてできれば申請を通したカテゴリーに関しては実績を作ることがお勧めです。

販売実績と言っても月に100万円売るなどというものではなくて、毎月コンスタントに売れているという実績を時間をかけて積み上げていくことが大事です。

Amazonで誠実に商売をしている販売期間はAmazonへの信用につながるのではないかと思っています。

とにかく月に数個でもいいので、コンスタントに該当カテゴリーで商品を売っていると、いつか自分がそれに助けられる時が来ると思います。

私も早くドラッグストアカテゴリーの申請を通していてよかったと、今ひしひしと感じています。

実際に今はせどりとは別にドラッグストアカテゴリーの新規商品を販売しようと動いているところだからです。

申請通すの面倒だから後回しにしようと思わずに、「今より申請通すのが大変になったら困るから、多少面倒でも今申請を通しておこう」と思うことがお勧めです。

もちろん自分への言葉でもあります。

せどりブログランキングに登録しています⇩

せどり ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA